PROACTIVE AI

menu menu

TOP >  リソース >  ナレッジ  > インテント検索のご紹介

画像1

インテント検索のご紹介

今回は、9月14日にリリースいたしました「インテント検索」についてご紹介いたします。
「インテント検索」とは、エンドユーザー様と会話をしながら、その内容に基づいて最適な商品をご紹介する機能です。

エンドユーザー様が特定のキーワードを入力することで、インテント検索が開始されます。
その後は選択肢をクリックしていくだけで、欲しい商品にたどり着くことができます。
この機能により、入力の負担が軽減されるため満足度の高い商品検索が実現可能です。

また、インテント検索を用いてある程度絞り込んだタイミングで、フリーワード検索を組み込むこともできます。
 

インテント検索をキリン様にご導入いただきました!

以前別の記事にてご紹介いたしましたが、キリン様のワインすき!(WINESUKI.JP)サイトにて、会員専用チャットボットとしてProactive AIをご導入いただきました。
「おすすめワイン」「おすすめレシピ」とご入力いただくと、ワインやレシピのインテント検索がそれぞれ始まります。ぜひお試しください。

インテント検索のご利用イメージを、図にてご紹介いたします。
※最新の画面とは異なるケースがございますので、ご了承のほどお願いいたします。

<図1>「ワインを紹介して」と入力すると、「おすすめ」「こだわり」「料理合わせ」が選択肢として表示されます。選択すると次の検索に進み、予算の選択肢が表示されます。
<図2>次にワインの種類の選択肢と、好みの選択肢が表示されます。
<図3>次にさらに好みを選択する画面が表示され、最後に、エンドユーザー様の嗜好性を加味した上で、最適な商品をご提案いたします!
 

インテント検索は自由に設計可能

質問の遷移や文言については、導入企業様ごとに自由に設計いただくことができます。

インテント検索で利用できる項目は、連携した商品情報の項目です。
商品情報については、商品自動収集機能もしくは商品マスタ連携APIにより収集いたします。
 

まとめ

今回はインテント検索についてのご紹介でした。いかがでしたでしょうか。

ご不明点や、もっと知りたい!ということがありましたら、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちらからお願いいたします。

最近の投稿